評価が優れた国分建設でユニークな家を建てよう!

自然素材で家をつくる

住居

家の湿度を調節する

昔の鎌倉の一戸建ての家には、木や紙、土などの自然素材がふんだんに使われ、それらが自ら呼吸して一戸建ての湿度を調節する働きをしていました。最近鎌倉では、化学物質などなかった時代に遡って、こうした自然素材の一戸建てを見直そうという気運が高まっています。自然素材で造る一戸建ては、手をかけた分だけ費用がかさむ傾向がありますが、家族の健康にはかえられません。予算を考えながら鎌倉の設計者とよく話し合って取り入れていきたいものです。土系の壁仕上げ材で、日本の伝統を誇るものと言えば漆喰です。漆喰は一般的に石灰、スサ、糊を練り合わせたもので、元々「湿気を喰う」ことからしっくいと呼ばれています。また、鎌倉で最近は珪藻土も注目されています。これは植物性プランクトンが石灰化したもので、粒子表面の無数の孔により調湿性、耐久性、脱臭効果に優れた素材です。尚、喰も珪藻土も結合剤に化学物質が入っていないかどうかをチェックしておくことも大切です。壁紙でも和紙や植物繊維のもの、布壁などが増えてきました。和紙には調湿・脱臭効果だけでなく、リラックス効果もあるのではないかといわれます。沖縄産の月桃という多年草や熱帯地方産の一年草・ケナフから造られる天然の壁紙も、森林資源の保護に役立っています。紙壁は重ね張りもでき、燃やしても有害ガスをほとんど出しません。無農薬・有機栽培で育てられたオーガニックコットンを原料にした布壁は、生地と裏紙の張り合わせにでんぷん糊を使うなどして、自然らしさを大事にしており、化学処理をしない点が魅力です。